戸籍って・・・

出身地はたまに聞かれるとこがあっても、「本籍はどこ?」って
あまり聞かれませんよね?

でもやっぱり生まれた場所ってイメージがあります。
実際そうである人が多いでしょ?
もともと戸籍を置く場所で戸籍を管理する為のもの。


だから、今、自分が住んでいる住所でなくても何も問題はないし、
日本国内で地番のある場所であればどこに本籍があろうと
自由! って知ってました?

戸籍は、その人が生まれてから死ぬまでの経歴を公に
証明するもの。経歴とは、結婚、離婚、子供の有無とか、
その程度でその他の詳細については含まれない。

例えばどこの会社に勤めてるとか、
誰々と付き合ってるとかね〜( ̄— ̄)ニヤリ

戸籍制度は、明治4年に制定された戸籍法で、もとは住んでいる
場所と本籍は全く同一だった。ところが、時代が進むと、
家族のあり方が複雑になった。

仕事の関係で妻と夫が離れた場所で生活する別居家族など、
本籍がそのまま住んでいる場所を示さなくなり、単に戸籍が
ある場所という意味だけになってしまった。

ちなみに我家も夫婦の本籍は同じだが、
住民票は別になっている。
つまり公的には別居していることになっている。
一応、同居してますよ。( ̄ー ̄)

戸籍簿は本籍地を管轄する市区町村役場で保管され、戸籍謄本
などもそこで交付される。本籍も、本人にとって都合のいい
場所に変更できる方がいいというわけで、本籍地はどこにでも
変更できるようになったそうだ。

このことを踏まえ・・・
この前ニュースで、日本の最南端の島。沖ノ鳥島ってところに
本籍を置いた人がいると紹介していた。

http://homepage2.nifty.com/shot/okinotori.htm#index

この他にも、皇居には2000人以上、国会議事堂、東京タワー
など、にしている人も数多くいるらしい。
甲子園の1塁ベースにしている人は1人だそうだ。
ちなみに皇居は、東京都千代田区千代田1番地。

これを更に踏まえ・・・
YASさんに提案!この前の・・・

是非、島根県の何とか島を本籍地にしてみて!
但し、住民票を取りに行ったり、その他の手続き面倒
だけどね・・・( ̄— ̄)ニヤリ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする