史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 京セラドーム大阪に参加してきた・・・

1212-1
4年に一度のこのイベントに、今回も参加です。
もう何度目でしょうか・・・
だいたいパターンは分かっているのですが、やはりドームは人が多いよ。
(※これから行かれる方は少しネタバレ内容もあるのでご注意ください。)

1212-2
14時会場、16時開演だったのですが、15時に前に着いて、既にグッズ売場の列は
半端ない長蛇の列です。
そしてこの時点でスタッフのアナウンスは・・・
“今から並ばれても開演までに購入できるか分かりません”
なんと!マジですか?
とんでもない事になっとるやないか!
まだ1時間もあるのに、ありえんわ!どれだけ段取り悪いねんってこの時思う。
1212-3
それから30分ぐらいして上の売場までやって来ました。
ん?
えー 売り切れ出てるやないか。
開演までに買えるどころか売っとらんやないか。
1212-4
まあそもそもTシャツは買う予定はないのでいいですが・・・
で、いつもコンサートではパンフを購入するので並んでみたのですが
今回はなんか簡易な物がいただけるとのことで、ツアーのコンセプトブック
みたいなものと、ペンライトを購入です。
で、クレジットカードでの購入エリアで並んだんだけど
システムトラブル発生!
え〜
どんだけ段取り悪いん?
WiFiの電波が拾えんからシステム落ちるとか言ってる・・・
iPadのレジシステムですが、電波に影響って、そらそうでしょ。
こんだけ人おったらスマフォの影響大だよね。
仕方なく、ギリギリの現金で精算し無事にゲット!
はい。この時点で開演10分前!ギリギリです。
1212-5
その後、ツレを探し出し、なんとかギリギリで会場の席にたどり着きました。
席はスタンド下段1塁側比較的前の方でした。
今回のステージ構成からアリーナよりもスタンドの前は正解です。
全体がよく見渡せるし、スクリーンも見やすい。
開演15分ぐらいの押しで寸劇からのスタート。
これが10分以上も引っ張るんです。
ちょっと途中で飽きてきましたね。
で、やっとそれも終わりいよいよです。
“雪のクリスマス”からスタートです。
まずは冬の唄から・・・
ん〜すぐにちょっと違和感が気になりだす・・・
やっぱりドームは音響が難しいですよね。
1塁側の席だからどうしても左側の音が遅れて届きます。
これが限界なのね・・・
細かな事は気にせず楽しみましょ。
今回の目玉ゲストアーティスト
Earth Wind & Fireの87-99のメンバーでもあった、“Sonny Emory”が
ドラマーで参加。
いいビートを叩いていましたね。
ただ硬いスネアの音が遅れてついてくるのが気になる気になる。
ん〜 気にしちゃダメダメ! 楽しまなくっちゃね。
ホント沢山の曲を聞かせてもらい、あっという間に終了です。
3時間半ぐらいかなアンコール1回で20時前ぐらいに終了・・・
昔に比べて終って、アンコールの歓声など客の盛り上がりが
疲れてるのは気のせいでしょうか?
ドリの二人も既に50を過ぎてるんだし、そうだよね。
客も同じ様に歳を重ねてる訳ですよね。
という事で、とにかく疲れました。
腰が痛い・・・オサーンですね。
そして規制退場で外に出て、家路に・・・
でもまあいつもより早く始まった分、終わりも早いので
食事をして帰れるのがありがたい。
1212-6
帰って来てから・・・
改めて戦利品をチェック!
ん〜 結局購入した物はあまり必要なモノではなかったですね。
そういうものでしょう。
1212-7
帰って風呂の中で今日の反省会・・・
で、なぜか、“もしも雪なら”がなぜがリピートする。
でぃんどーん でぃんどーんって・・・
何その唄って言われつつも、このフレーズが・・・
“♪大人の方が 恋はせつない”
って唄う様に、色々切ないんですよ。
また行きましょ。
おっくんの「ちょっとすいませ〜ん」




人気blogランキングへにほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク