Genius Barは今もイケてるのか・・・


先週の金曜日にうちの相棒が病にかかり、ちょこっとAppleに立ち寄って
次の手立てを考えたりしていたけど・・・

結局その後も色々と症状が出てきて

何度か再起動をしつつ

解決策を考えたけど

どう考えてもグラボがやられてる・・・

週末に、日曜日になんてまず出掛けないんだけど

Genius Barに予約を入れた。

日曜の16:45と、これまた中途半端な時間しか枠が取れなくて
16:30ぐらいにはGenius Barにつき受付の人に来た事を伝え順番を待った。
日曜だし、夕方は結構混雑して少し遅れるとも言われとにかく待った・・・
予約の時間になってもなかなか呼ばれません。
15分、30分、45分、そろそろ1時間だ・・・
いい加減おかしくないか?
そう思って再度スタッフに尋ねてみる。
“ずっとここにおられましたか?”
もちろん
“ちょっと調べますね”
はい
“・・・”
ん?
“大変申し訳ございません”
え?
“次の空きができ次第ご案内致します”
え?
完全に飛ばされていた・・・
またかよ!
去年の修理入院時も同様の扱いを受けた。
修理の前に説教だからな!
それからさらに10分程待たされ順番が来た。
そこでまずは謝罪から始まったけれど
なかなか気持ちはブラックだ。
ブルーじゃない。既にダークサイドに落ちている。
まあいい。そんなどんくさい話はしてられないので本題に入る。
症状の説明を上の画像をiphoneで見せながら説明をする。
“誠に申し訳ございません。
大変申し上げにくいのですが・・・”
いや、もうさっきの件はいいから・・・
“重ね重ねなお話ですが、既にこの機種はサポート自体できない状況なんです。
この症状は見立ての通りグラフィック系で、部品も既に扱ってなくて工場に出しても
このまま帰って来るだけなんです”
えーーーーーー!
こんだけ待たせ、その回答か?
マジか?もうコイツの鼓動が止まれば施しようが無いのか・・・
問診だけで診断もせず余命宣告か?
3kgもあるコイツを背たろうて来たけど聴診器すら当てずに
その診断をするのか・・・
分かった。仕方ない。
さてこの先もリンゴと付き合うかじっくり考えよう。
ただ幸いな事に、帰って来たら何事も無かったぐらい
一応普通に起動している。
最後の灯火なのかもしれないけれど、今のうちに次の事を考えないとね。

さて気がつけば桜も満開で、今夜の風と雨で散ってしまうのか・・・

晴れた空の下写真に納めたかったけど仕方ないですね

命あるものいつかは・・・
そういうことですね。
おっくんの「ちょっとすいませ〜ん」




人気blogランキングへにほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク