病に備える・・・

おっくん の あいであ”のコーナー
今回は、病気についての対策です。
どれだけ有効かは分かりませんが、病になった場合
少しでも緩和できればと思い提案します。

今年、生まれて初めて手術を受けた。
その際、やはり血液型を調べ、前もって同じ血液型の
輸血用のものを用意される。
しかし輸血により、新たな病を患う可能性もゼロでは
ない。リスクを伴う・・・
紀子様がご懐妊で、出産に備え、自らの血液を
輸血用に採取したと言うニュースを聞いた。
そう、自分の血液を健康な時に採取し、いざと言う時
それで補う方法ってどうなんだろう?
既にそんな仕組みはあるのでしょうか?
アメリカにはあると聞いたことあるような・・・
また定期的に取り替える必要があるのか・・・
でもある一定期間、自分が健康ならそれを必要とする
第3者に提供することも可能だし、一石二鳥だよね。
献血して下さいって呼びかけることも少なくなるの
ではないでしょうか。
更に定期的に血液検査を受けるのだから健康チェック
にもなるし、自分が変な病気にかかっていないか
不安になることもない。
同じように骨髄なども登録しておけば、困った時も
困っている人の為にも有効だと思う。
このような自分の一部を預けることのできる
バンクはどうだろう?
もし将来クローン技術が進んだ場合、もしもの時、
自分の分身が再製可能となる・・・
ビミョウかな・・・
人気blogランキングへ
にほんブログ村 ブログブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. TAITAI より:

    どこに「あいであ」が提案されているのですか?
      
    もしかして、血液バンク?骨髄バンク?
     
    すでに身体バンクは日本でも研究を重ね、実施の方向です。
     
    残念ながら、14点です。  

  2. ちょい より:

    ランキングから飛んできました。
    輸血用血液って新鮮さが命らしいですね。
    私もなるべく献血するようにしてます。
    あっ 私もB型です

  3. おっくん より:

    ちょいさんコメントありがとうございます。
    やっぱりそうなんですね。
    新鮮さですよね。
    taitaiさん
    そう、提案と言うより希望ですね。
    でも14点も頂いてよかったです・・・・
    まあ最初ですから大目に見てやって下さい。
    次回はもう少し得点UPを目指しましょ。